《メール相談》アジアを旅行中のヨーロッパ人男性との恋

こんにちは、幕の内智子です!

本日のメールのご相談はTさんからいただきました。

Tさん、勇気を出してメールをくださいましてありがとうございます♥

そして回答が遅くなってしまって本当にごめんなさい><

 

《ご相談内容》

Tさんの国際恋愛のお相手は去年の8月にタイのバンコクで出会ったドイツ人の男性です。彼は、freeのデザイナーとして活動しています。

Tさんも彼も旅をしていて、出会った時は2日間一緒に過ごし、Tさんは日本へ帰り、彼はタイでずっと旅を続けていました。

今年の2月にまたタイで再会することが出来、一緒に旅をすることになりました。その時に彼とお付き合いすることになりました。

その後、ドイツへ移動して「これからヨーロッパを一緒に旅をしていこう」と彼が未来のふたりのことを計画してくれていました。

しかし、Tさんのお金が尽きてしい、お仕事も見つからずで、日本へ帰国しなければならなくなりました。

 彼は、遠距離恋愛は前に失敗したことがあるのと、日本とヨーロッパの距離が自分にとっては無理だという風に言っていました。彼には「お互い近くにいることと、直接会って話をすることがすごく大切だから、今はお互いフリーになり、また再会した時に交際を続けよう。そして、その時はヨーロッパを旅しよう。」と言われました。

Tさんは遠距離恋愛になってもお金を溜めればすぐに会いに行けるし、距離なんて関係ないと言いました。

いったん別れた後、再会した時にまたお付き合いをスタートするということが、なんだか自分が都合のいい女として扱われているようで、Tさんは感情的になって「私はあなたのマットレスじゃない。」と彼に言いました。彼は悲しいと言っていました。

Tさんは

「私との交際を続けて、34か月後にまた再会するのか」

「私との交際を終わらせて、もう二度と会わないのか」

 

どちらか決めてほしい、と彼に言いました。

彼は後者を選びました。

しかし、もう二度と会わないのは最悪だと言っていました。

お互い別れたくはないし、お互いがお互いのことを好きな気持ちはあったので、本当に悲しい別れになってしまいました。

帰国してからすぐに彼から「無事に家に着いた?」と連絡が来ていました。

それに対して「無事についたよ。」と返しました。

その5日後に、

やっぱり、遠距離だけど頑張って続けてみようよ。

連絡が取れない時は取らなくてもいいし、不安なら不安を取り除くし、いつでも話を聞くし、私はあなたのこと、愛しているしあなたが必要だ。

自分たちの前にこの問題(遠距離)があるならば、それは乗り越えることができることだ

 

と長い文章を送りました。

しかし、1週間たった現在、彼から連絡は来ていません。

 

Tさんは相当なショックを受けましたが、前に進むことを決め

3つ仕事を掛け持ちをして(今は2つです)

3か月後にカンボジアに引越しをして、現地で仕事をする予定です。

とりあえず、動かないといけないし、自分が目を背けてきたことを見る機会を与えられたように感じます。

復縁の希望はあるのでしょうか?

既に一度彼に連絡してしまいましたし、彼の仕事が安定している仕事ではございません。

 

《幕の内智子の回答》

Tさん、つらいお気持ちをお話くださってありがとうございます。

そして回答が遅くなってしまったこと、重ねてお詫びいたします。

 

早速ですが、Tさんのケースを見ていきましょう!

まず、Tさんのおっしゃっている「復縁の希望」ですが、

この場合、色々なスタイルがあるのかな、と思います。

私の率直な意見としては、

  • 次回再会した時にはまた復縁(=一緒に過ごしている期間はお付き合いモード)することが可能

  • 離れている期間は軽い挨拶程度のチャット等のやり取りがあったとしても、基本的には友人関係をキープ

上記の様な関係性になる可能性が高いと思っています。

私の友人にもタイやインドネシアで仕事やワーホリ、バックパッカーとして行き、現地で出会ったヨーロッパ人男性と同じようなシチュエーションになっている子がちらほらといますが、みんな上記の二点のようなスタイルでやっているようです。

この手の男性に復縁を迫る、もしくはある程度のコミットメントをしてもらうことは、正直に言うとかなりの至難の業です。

そもそも、アジアを旅しているヨーロッパ人の特徴として、常に新しいことにチャレンジしたい、新しいことを見たい、聞きたい、学びたいという、非常に好奇心旺盛で新しいことに飛び込んで行くことが大好きな人が多いと思います。

そんな彼らですから、「遊んでいる」とは全く違うのですが、一つの恋愛、それも遠距離恋愛に縛られたり、それに対してコミットメントする、ということは自分の行動を制限することだと捉える男性も多いです。

もちろん旅をたくさんしてきて、そろそろ落ち着いてもいいかな、という時期の男性であればその限りではありませんが、今、まさにアジアを楽しんでいる、学んでいる、様々な新しいことを吸収している最中の彼らに、Tさんが望んでいるような、

きちんとコミットメントをしてもらったうえでの遠距離恋愛

を期待するのはかなりハードルが高いと思います。

ゴメンなさい

 

彼は、今はどちらかと言うと、

自由に色々なことに挑戦し、見たいものを見て、やりたいことをする

ということに重点を置いている時期なのかな、と思います

 

もし、Tさんが

「彼を完全に失うのはイヤ。友達としてでも連絡を取り合える仲ではいたい」

と望んでいらっしゃるのであれば

今は不本意かもしれませんが、彼の意見を受け入れて、再会した時には仲良くし、離れている時にはお互いの人生にフォーカスする、というスタイルで行くのがいいのかな、と思います。

今の彼は、遠距離恋愛中の恋人同士というコミットメントはしてくれないかもしれませんが、上記のようなスタイルを続けていれば、時が来てお互いずっと同じ所に一緒に居られるようになった時には、今度は本当の恋人としての関係が築ける可能性もゼロではありません。

ただ、Tさんの未来のためにも、このタイプの男性は約束事が一番しにくい時期の人なんだ、と理解してあげるのがいいのかな、と思います。

ポジティブな応援ブログになることが出来なくで心苦しい思いですが、時の流れやその時の状況に身を任せてみるもの、結果的にはそこまで悪いことではないと思います。

彼の本意や、やりたい事への希望を押しつけてまでコミットメントしてもらっても、それがずっと幸せに長く続くかもわからないですよね。

それであれば、離ればなれの時は、お互いがお互いの人生を第一に大切に考え、一緒に過ごせる時はその時を楽しむ、というのもTさんのお気持ちが許せば何も悪いことではないと思います。特にヨーロッパ人にはそのような考え方の方は多いですし!

Tさんがお仕事にフォーカスされていて、カンボジアへのお引越しを決めたこと、とっても素敵でかっこいいと思います。

彼はきっとそういうの、好きです!

そのような近況のやり取りをしながら、自立して自分の人生設計をきちんとしているTさんを彼に知らせる、ということで遠距離ながら彼を魅了することも出来ますよ!

恋愛のかたち、スタイルは本当にそれぞれですよね。

今、精一杯もがいき、頑張りすぎなくても続けることの出来る恋いの進め方からトライしてみるのも、そこまで悪くないですよ!

心から応援しています!

 

Tさんの国際恋愛がうまくいきますように♥

 

ご覧いただきありがとうございました♥

 

コメントを残す