《メール相談》海外での国際結婚と日本での就職のタイミング

こんにちは、幕の内智子です!

 

お久しぶりになってしまいました💦

メール相談をいただいていたSさん

お待たせしてしまってごめんなさい!

 

《ご相談内容》

国際結婚のタイミングと日本での就職について悩んでいる

国際恋愛中の大学三年生日本人女子Sさん

現在ヨーロッパ某国に留学中

国際恋愛中の彼は今年9月から社会人の現地大学生

彼とは留学中に出会い、最近は結婚のことも話題になります

Sさんの大学卒業後、彼の母国で同棲しないかと誘われています

Sさん自身も

来年の3月に大学を卒業した後は

彼の母国で彼と一緒に暮らしたいと思っています

彼の母国に渡航後は現地でアルバイトをして生活費を稼ぎ

現地の語学力を上げ

機会があれば日本語講師として

働くことができればいいな、と考えています

 

Sさんがご両親にこのお話をしたところ

大学を卒業した後に日本で就職し

最低二年は社会経験を積んで欲しい

と言われたそうです

それからでも結婚は間に合うし

もしも相手と離婚して日本に戻ってこなければならなくなった時

社会経験が何もない場合

日本での就職は困難になることを考えて、の意見だと思います

Sさんは、日本で新卒での就職のために就活をするよりも

卒業論文執筆に取り組みながら

アルバイトをして渡航にかかる費用を貯金したいと考えています

 

質問1

ご両親の意見が世間一般として正しく、Sさんもやはり日本で社会経験を積むことが日本の社会人として必要なのでしょうか

質問2

それとも、Sさんのやりたいことを優先し、渡航しても良いものなのでしょうか

 

《幕の内智子の回答》

Sさん、将来に関わるとっても大切なことを

勇気を持ってご相談いただきありがとうございます❤️

とってもデリケートで大切な問題ですね

一緒に考えて行きましょう!

 

まずはSさんのご質問に対しての私の回答ですが

質問1

ご両親の意見が世間一般として正しく、Sさんもやはり日本で社会経験を積むことが日本の社会人として必要なのでしょうか

回答1

将来、ある一定期間以上の長い期間のSさんのキャリアを日本で

とお考えなら、私の答えはYESです

もし、海外に出る→現地でキャリアを構築→定住、というシナリオなら

日本での新卒採用での就職にあまりこだわらなくてもいいと思います

私は金融機関でしか働いたことがないので

私の経験がSさんのご希望の業界にマッチするか

また

必ずしも同じような慣行ではないかもしれませんが

ある程度の参考にはしていただけると思います

 

上記の回答1でかなり言い切っておりますが

例えばSさんが、どの程度キャリアアップしたいとお考えか

によっても回答は変わってきます

 

私は十数年のキャリアの中で

日系、米系、英系の金融機関で働いてきましたが

ひとつ言えることは

New Grads = 新卒はやはり強い

と言うことです

 

三社見てきましたが、どこでもそうです

中途採用者に希望はない、ということではないですよ

しかし

企業が新卒で採用し

お金と時間と労力をかけて育てて来た人材を

やはり企業は一番大切にします

金融機関だと、大抵の場合は昇級の対象となる人材を訓練する

プロモーショントレーニングと言われるプログラムがあります

入社して数年でノミネートされるか

もしくは自分から上司にノミネートを希望するのですが

やはり、中途採用の人よりも

新卒の人の方が早くノミネートされる傾向にあります

日系は新卒をより重視する、と思われがちですが

私の経験上、外資の方がそれは顕著でした

良くも悪くも、ハッキリ扱いを区別します

もちろん

「あなたは中途採用なのでダメです」

とは言いませんし、少し待てばチャンスはやってきます

ただ、新卒の人の方が1〜2年早くチャンスを与えられます

 

不公平だとか、そんなことではなく

会社は新卒採用者に投資してきたのだから当然なのです

なので、キャリア構築の成功を目標にしていて

ひとつの国、もしくはひとつの会社で少なくとも5年以上は働こうかな

と考えているのであれば、はやり新卒入社がいいと思います

しかし、そのシナリオは海外でも同じなので

彼の母国だったり、行きたい国が決まっているのであれば

その国でNew Graduateとして就職する、という方法もあります

ただ、ヨーロッパの場合

業界や業種によってはオフィスや支店がない国もありますので

そこはSさんが進みたい方向にもよると思います

スピード昇級だったり、そこまでの野心はないかな〜という場合は

新卒採用にこだわりすぎることはないと思います!

 

質問2

それとも、Sさんのやりたいことを優先し、渡航しても良いものなのでしょうか

回答2

回答1の真逆がこれになってしまうのですが💦

渡航して、きちんとした就職をお考えなら問題ないと思います!

ただ

当分はアルバイトで、というプランなら

現実は少しハードかもしれません

 

アルバイトの場合、ビザ等の心配が出てきます

彼がフィアンセビザを申請してくれるなら問題ないケースもありますが

もし、観光ビザやワーホリのビザでまずは渡航する場合

アルバイトを探すのは至難のワザです💦

 

これは北米、ヨーロッパ、アジアに共通してますが

海外で、その国の就労ビザホルダーでない外国人を雇う場合

配偶者ビザを持ってるケースに限定していることが多いです

もちろん国にもよりますが

フィアンセビザの間は就労を許可していない国も多いです

私のお友達にもたくさんいます

「まだフィアンセビザだから働けなくて💦」

と、渡航して数ヶ月以上、待っていた子達が

 

そうは言っても、日本人は信用があるので

待ってもまだ数ヶ月間なので

他の国の方よりもかなり恵まれている方ですが!

JAPAN Passport 強し!ですね

 

ワーホリビザでアルバイトを探したお友達も

結局アルバイトの募集をしているのは

City から車で2時間、など

あまり現実的でない内容だったようです💦

 

ですので

もしSさんのやりたいことを優先して渡航するのであれば

ビザの問題!

これだけは渡航前にクリアにして行くことをおすすめします

これで渡航後の生活の質が天と地の差ほど、出てきます!

ビザが安定しないと

いつも頭の中はビザの心配ばかり。。。

仕事もビザをサポートしてくれるかどうかで選ばざるおえなくなってします

Sさんのプランの日本語講師など、ご希望の職につくのは二の次

となりかねません

 

せっかく渡航するのであれば

Sさんにそんな心配をしながら生活してほしくありません💦

各国の大使館のウェブサイトにもビザについて

とっても詳しーーーーーく載っていますので

方向性を決定する前に一度ご覧になって

ビザのことを彼と相談してみてもいいかもしれません

ビザをどうするか決めてから

このまま日本でしばらく就職するのか

はたまた

渡航を選ぶのかを決めても遅くないと思います!

そのくらい、ビザが重要になってきます

 

私が以前、シンガポールで働いていた時も

やはり就労ビザで働いていました

銀行口座をひらく、部屋を借りる、など

生活に必要なこと全てが

何の種類のビザを持っているかによって大きく変わってきます

 

これからのSさんの人生を大きく左右する決断になるので

その時に選ぶことの出来る最高の環境で

社会人生活をスタートさせていただきたいです

 

質問1、2どちらを選択するにせよ

その環境を維持することにとらわれるあまり

本来の目的、目標の達成がおそろかになってしまう💦

ということだけは避けたいですよね

 

自分の努力次第で変えられることならいいのですが

勤務先の会社の事情や、またまたビザの問題など

自分ではコントロールしにくいことに

問題や不安事項を抱えていると

自分の意識しない所で彼との国際恋愛にも

負のインパクトを与えてしまうことにもなりかねません

 

常にイライラ、常に心配事、常に不安要素。。。

これでは一緒にいるパートナーも疲れてしまいますよね💦

 

シンプルに、Sさん自身が

将来のキャリア、彼との国際結婚の夢や計画を

落ち着いた穏やかな気持ちで思い描き

そして

それを実行に移せる環境に近いであろう方を

選択して欲しいな、と思います!

 

難しい選択だと思います

自分の感情と、現実問題を

冷静に天秤にかけなければいけないのですから。。

 

しかし

大学三年生でここまで真剣にご自身の考えをお持ちである

賢いSさんならきっと!

最良の道を見つけてくれると思います

私でよければまたいつでも相談してくださいね

 

Sさんの国際恋愛がうまくいきますように❤️

ご覧いただきありがとうございました❤️

 
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

コメントを残す