国際恋愛で「尽くす女」 は結婚が遠のく?

こんにちは、幕の内智子です!

 

突然ですが、あなたが現在国際恋愛中で

外国人の彼となるべく早く結婚したいのであれば

尽くす女

 

は卒業しましょう

 

私の周りの国際恋愛カップルを見渡しても

女性の方が”尽くす女”のタイプの場合、未婚の率が高いです

未婚がダメ、ということでは決してありません

でも彼女達の場合は

彼女達は結婚したいのに、まだ結婚に至っていない、ということです

お友達カップル何組かのグループでランチやディナーをしても

とっても優しくそれぞれのBF達に

お料理を取り分けたり

次のドリンクの希望を聞いたり。。

それらをしてる彼女達、みんな独身です

私は個人的に

それらは彼女達のパートナーの男性のお仕事だと思っています!

 

上から目線で言ってるわけではありません

単純に、

レストラン等でスマートにパートナーの女性の

ドリンクやお食事をオーダーし

運ばれてきたお料理をその女性の為に取り分ける男性

とってもセクシーだと思うのです💓

いつもうっとりしてしまいます❤️

ムフフ

 

そんなセクシーな彼を見たいので

男性にやって欲しい!と思うだけなのですがw

 

彼にお食事のお世話をしすぎてしまうと

「彼女」よりも

「ママ」になってしまします

 

ママと結婚したいと思いますか?

思わないですよね 

 

私の周りで幸せな国際結婚をしてるカップル達を見渡すと

女性側が結構「お姫様」なケースが多いです

 

そういったランチやディナーの席でも

ドリンクは何が飲みたいか彼から聞いてもらって当たり前

彼女のお皿へお食事を取り分けるのも彼

そんな感じです

 

また、まだデートしてる段階から知ってるカップルでも

そのようなタイプのカップルは結婚するまでの期間も短いです

 

色々と彼のママのようにやってあげると彼も喜びます

「助かるよ」と声をかけてくれることもあります

 

でも彼のママと同じように

居て当たり前

やってくれて当たり前

と、いつしか無意識のうちに捉えるようになっていきます

 

もちろん彼のママに対するように

根底に感謝の気持ちがあることに変わりはないのですが

結婚とは正反対の方向に向いていってしまう可能性が高いです

私も家で彼に

「あれはここにおいてね。これはあそこにしまっておいたから」

と口うるさく言っていると

Thanks, mom!

 

と言われてしまいます💦

 

彼は冗談で言ってくれていますが

それを聞いた時には、いつも自分の日々の行動を見直すようにしています

悪い意味で「彼のママ」になってないかな?と

 

私の友人のJ君、オーストラリア人男性

最近日本人の彼女と結婚しました❤️

彼は以前勤めていた会社の同僚でもありました

デート期間はなんと10年近く!

 

彼女のことはよく存じ上げないのですが

彼は毎日会社に彼女の手作りのお弁当を持参していました

国際恋愛 弁当

残業になる日はdinnerの分のお弁当も持参

彼らは同棲していましたが

お弁当にかかる食費は彼女持ちだと言っていました

彼女持ちと言っても、特に決めた訳でもなく

このお弁当作りもある日気づけば始まっていたので

その時の流れから、食材は彼女が買いに行って作ってくれている、と

「もう、なんだか実家に住んでるみたい〜」と言っていました

 

すごーーーくびっくりしたのを覚えてます

 

今回、彼らは、彼女の妊娠が発覚して結婚に至りました

不謹慎ですが、正直なところ、

「妊娠がなくても結婚していたのだろうか?」

と思ってしまいます💦

ゴメンナサイ。。

 

国際結婚をしたければ

「彼のママ」でいるのは今すぐやめましょう!

 

文字通り、「彼のママ」でいると

いつも優しくそこにいて、何でもやってくれるので

彼は結婚というコミットメントをする必要性を感じなくなります

 

パートナー同士、というお互いに自立した関係でいると

彼も良い意味で緊張感を持ちます

あなたが素敵であればある程

いつまでもぐずぐずしていると

あなたが他の男性に振り向いてしまうかも💦

と心配します

 

彼には、適度に心配して頂くくらいでちょうどいいです❤️

 

 

あなたの国際恋愛がうまくいきますように♥︎

ご覧いただきありがとうございました♥︎

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

コメントを残す